サポートスタッフ

サドベリースクールに興味のある方、多様な学びの現場を実際に学んでみたいと思われる方のための制度です。

常勤スタッフまでは難しいけれど、スクールから依頼(※)のあったときにスタッフとしてスクールの活動をサポートしていただきます。

(※)常勤スタッフの有給休暇取得時、遠足など引率で人手が必要なときなど

サポートスタッフ給与

①1日単位での出勤(8時45分~16時 休憩45分)

日給 5200円

②時間単位での出勤(上記内で1時間~)

自給 800円

交通費の支給なし・福利厚生なし

サポートスタッフになるための要件

①平日クラスにおいて3日間のスタッフプログラムを終了しレポートを提出していること。

②新田サドベリー会議(全体ミーティング)にて自己アピールを経て、信任投票を行い、過半数の信任を得ていること。

 

年度登録制(4月1日から3月31日まで)とし、次年度継続は意思確認をした上で、来年度サポートスタッフの信任投票を行います。

1年以上スクールスタッフの経験があり、サポートスタッフとしての登録を希望した場合は②のみの手順とします。

平成31年度のサポートスタッフ

 

nishimura

西村 早栄子(さえちゃん)

東京都出身。10年前に智頭町へ移住。3児の母。大学院時代に苦しみながらも自らの力で学んでいく体験と、その中でミャンマー留学も果たす。当時熱帯林の研究に従事。智頭町移住後に「森のようちえん まるたんぼう」を立ち上げ、子ども達の持つ力に感動。現・NPO法人智頭町森のようちえんまるたんぼう代表。

コピー ~ peace boat 268

笹間 千広(ささちゃん)

鳥取県出身。大学卒業後、養護助教諭とし1年働いた後、世界一周の船旅に出る。世界に出たことで地域への想いが強まり、大阪のまちづくりのNPOで子どもの居場所づくりに取り組む。結婚を機に再び鳥取での生活を始める。現在はゲストハウス、サドベリースクールに関わりながら、故郷で何が出来るか日々模索中。

663A8995-7D9C-4D7D-8342-2A9A340911C4長谷 菜生(なおちゃん)

鳥取県の田舎でのびのびと育つ。大学卒業後、社会人経験を経て青年海外協力隊でウガンダに2年半赴任。電気、ガス、水道のない生活や日本とは大きく違う価値観に感銘を受ける。帰国後森のようちえん「まるたんぼう」の研修生として智頭に移住。現在は出来る限り自給自足の生活を実践しながら三児の母として奮闘中。娘の障害(ダウン症)やサドベリーを通じて「学ぶとは何か」「幸せとは何か」を日々模索中。

※サポートスタッフ:スタッフが病気・怪我などで出勤出来ないときにお助けスタッフとして現場に入ってくれるスタッフ。

※新田サドベリースクールを手伝ってくれるスタッフ・サポートスタッフを随時募集中です!

ご連絡はこちらから