教育理念

教育方針


1. わたしたちは、こども達の自主性・主体性を尊重し、「今やりたい」「今知りたい」に寄り添いサポートします。

・・・こども達は生きていく上で必要のあることは自分で学んでいくことができると信じ、こども達の主体的で自由な学びを保障します。

2. わたしたちは、問題や相談事、ルール作り等すべて、話し合いを通して解決していきます。

・・・話し合いに参加し、自分の意見をきちんと伝えることを尊重します。話し合いを通して協調性やコミュニケーションの能力を身につけていきます。

3. わたしたちは、新田という村の営みから学び、体験し、時に発展させていく活動をおこないます。

・・・ここでしか体験できないことを大切にし、日本らしいデモクラティックスクールの実現を目指します。

4. わたしたちは、関わるみんな(生徒・スタッフ・保護者・地域の方など)が自分らしくいられる場所であるよう努力します。

・・・こども達だけでなく、この学校に関わるすべての人との信頼関係を結び、居心地の良い場所作りに努めます。
 

目指している子ども像


・生きたいように生きる力を持った子ども。
・自分で考えて解決していく力を持った子ども。思考力のある子ども。
・主体的に学び続ける力を持った子ども。
・情報化社会のなか自分を持っている子ども。
 

育む学力


「学力」と言った場合、単に「知識量」のことを言うのか、「問題解決能力」のことをいうのか、はたまた「学習意欲をも含んだ概念」とするのかによってその見解は異なります。
新田サドベリースクールが考える「学力」とは「主体的に学び続ける力」だと考えています。周りに流されずにきちんと自分というものを持っていることが、この情報が溢れる社会において大切なことだと考えており、なりたい自分、目指したいものに対して、どのようにしたらその理想像へ到達していけるのかということを、自ら考えて実践していく力が重要です。
そのため、公教育で行われているような、万遍ない知識量の伝達は新田サドベリースクールでは行いません。自分たちで、自分たちに必要な知識・情報・能力を主体的に身につけていく力を育てることが私たちの役目だと考えています。
 

自由であるために


自分が「自由」であるためには、相手のことを認め、相手の「自由」を認めないと自分の「自由」は訪れないこと、つまり「自由の相互承認」が必要です。また、「自由」になるための「教養=力能」というのも必要なものであり、ただワガママであることが自分の「自由」につながるかというと、人間社会においてそれは実際難しいことです。新田サドベリースクールでは「大人の支配」が無い中で集団生活を送るため、より「自由の相互承認」の感度が育まれやすい環境となります。
日本では元来、話合いの場というものが多く設けられており、何か問題があれば1日でも2日でも話合いがなされ、そこで白黒ハッキリさせないでグレーのまんまという話合いの結果もあったのではないでしょうか。それがとても日本的であり、アメリカのサドベリーと新田サドベリーの大きな違いはそこにあるのではないかと考えています。
本当に自分が「自由」であるためには、それなりの力が必要になってくるし、みんなが居心地の良い場所を目指した時に、話合いというのはとても大切な手段です。そのため、新田サドベリースクールでは子ども達同士やスタッフと子ども達、スタッフ間でもすべての物事を話し合いで決めることを通して、「自由」になる力を育みたいと考えています。
 

「地域」の繋がりと「想い」の繋がり


現在日本の教育では住んでいる最寄りの小学校に自動的に進学するシステムになっています。その学校とは全国で一律同じような知識と環境を教える場となっています。そのようなスタイルにはもちろん「良いところ」もあるが、「良くないところ」もあるのではないでしょうか。
例えば第一に「チョーク&トーク」の一斉授業があります。これだけ社会が変化しているのに、学校の授業の中身はほとんど変化していません。一斉授業の弊害は、ついていけない子がある程度ドロップアウトしてしまうこと、良く出来る子も、みんなが出来るようになるまで待たないといけないということが上げられます。
第二に、子どもたちがどのようにありたいか(子どもたちにどのようであってほしいか)、ということとは関係なく、学齢に達したら最寄りの学校へ進学するという社会としての息苦しさ。子どもや保護者に、どの学校を選ぶか、どんな教育を受けたいかという選択肢があることが豊かな社会であると考えています。
その地域で、その地域の学校に通い、地域で繋がることは大事だと思います。ですが、「このような環境で育ちたい・育ててみたい」という「想い」で繋がることも大事なことだと思います。そのため、新田サドベリースクールでは特に学区なども設けず、私たちの教育への「想い」に共感してくださる子ども達や保護者の方々と一緒に運営して行きたいと考えています。
 

保護者の関わり方


・子どもを100%信じること。
・子どもの育ちを学校に依存することなく、できること、関われることがあれば積極的に関わり、こども達の育ちを一緒に喜び合いましょう。

 

開校までの経緯

学校の特徴

スタッフ紹介

入学案内

体験入学のお申し込み