よくあるご質問

Q1.
子どもには、小さな挫折を経験させたい。やりたいことばかり取り組んでいると、難しいこと、壁にぶつからないのでは?

A
むしろ好きなことを突詰めて活動していると、必ずもっと難しいもの、高度なものに自然と挑戦していきます。それは子どもの内なる向上心からくるものです。
例えば、、、
【基地づくり】
男子グループは一貫して「基地作り」というものが遊びの軸になっています。新しい基地を作る毎に改良が見られたり、そこから新たな遊びが派生したり。どうしたらもっと頑丈になるか、どうしたらもっとオシャレに作れるか・・・等、そこには色々な探究が潜んでいます。
【魚釣り】
5歳児の男の子が川釣りに夢中になったことがありました。誰に教わるでもなく、竹を竿にして、糸をつけ、針をつけて、餌を見つけてきては針に通し川にそれを落とす。最初は竿のつくり方、糸の結び方などもままならない状態でしたが、時間をかけて自分のペースで魚を釣るために必要なことを積み重ねていきました。そろそろ飽きて諦めるかなと思っていた矢先、嬉しそうに自ら釣った魚を持って来て見せてもらいました。「なかなか出来ないという体験は、じゃあどうしたら出来るようになるのかというヒントにしかならない。」というようなことを彼から教わったような気がします。


Q2.
サドベリースクールを卒業して社会に出る際に社会とのギャップに苦しむのでは?自分の思い通りにならないというストレスが心配

A
サドベリースクールは自分の思うように時間を使って、いつも自由に思うがままと思われるかもしれません。ですが、集団活動の中ではやっぱり自分の思うようにならないことにも多々直面します。それをいかに自分にとって、相手にとって気持ちよく解決していくかというプロセスを小さい頃から経験し、積み重ねていくことは社会に出てからもプラスに働く力だと考えています。
例えば、、、
【問題解決の場としてのミーティング】
日々自分が過ごす環境で、不都合な事、気に入らないこと、困ったことなどがあればそれを話し合いを通じて解決していくミーティングの場があります。またやりたいこと、買いたいものなども話し合いを通じてみんなの承認を得ながら決定していきます。話し合いで解決、改善していくプロセスというのは社会に出てからも必要なスキルですし、どうしたらより良い環境になっていくかということを、挑戦していく機会がここにはあります。

年少の子が、年長の子や大人に対して物怖じせずに発言発信していく姿は見ていて清々しいものがあります。


Q3.
身近に実例が無いので、子どもを通わせるのが不安

A
新田サドベリースクールはアメリカのサドベリーバレースクールをモデルとして、その教育を智頭町で実践していこうと考えています。日本のサドベリースクールの歴史は20年程(2017年現在)ですが、サドベリースクール自体の歴史は50年にもなり、世界各地で実績を残しています。他のサドベリースクールと全く同じような成果が出てくるとは思いませんが、自分の人生に肯定的な人間が育つというのがサドベリースクールの1つ大きな特徴だと思っています。
子どもの育ちを信じ、肯定的に子どもを見守ることを旨としています。欧米で先進的に行われているこのような教育なども視察しつつ、日本で、智頭町でどのようにするのが良いのかを常に検討しながら運営を試みています。

サドベリー・バレー・スクール
http://www.sudburyvalley.org/

 


Q4.
お昼はどのように食べていますか?

A
2016年9月より、給食制度をいったん休止し、全員お弁当を持参しています。好きな時に好きな場所で好きな人と一緒にお昼を食べています。月曜日と金曜日と土曜日には近所のパン屋さんにパンを買いに行く姿も見られます。


Q5.
子どもが勉強を教えて欲しいときは対応してくれるのですか?

A
スタッフと子どもが話し合いをして、それぞれが良いように勉強の時間を設けます。子ども同士で学び合うこともありますし、身近な人間で対応できないようなことであれば、外部講師を探してきて対応します。
>>スタッフ一覧はこちら


Q6.
安全面はどこまでスタッフがサポートしますか?

A
安全管理がスタッフが1番に気にすることだと考えています。1人で山や川へ行かないなど、なるべくそこにいるメンバーで安全を気にしながらルールを作ります。その他に、毎年子どもには保険に加入してもらいます。


Q7.
終わりは午後3時でそれ以降は残ってはダメですか?

A
2016年12月より希望する子ども・家庭に対して延長預かりを始めました。希望があれば、5時まで開校します。詳細はお尋ねください。


Q8.
月曜日も仕事の関係で開校してくれるとありがたいのですが・・・

A
2015年度は火曜日~土曜日の開校でしたが、2016年度からは月曜日~土曜日の開校となっています。(毎日クラスと土曜日クラスとがあります。)


Q9.
公民館施設を拠点として利用されていますが、管理などが心配です

A
2015年度9月より、「とんぼの見える家」という一軒家を借りて活動しています。


Q10.
なぜ学費が選べるのですか?

A
新田サドベリースクールの「教育」に共感できるのにどうしても学費が厳しいというご家庭でも、お金の問題だけで諦めてしまうのはとても残念なことだと考えています。そのため、標準学費は3万円/月としていますが、2万円〜5万円と幅を持たせて選べるようにしています。「今年は厳しいから2万円」「余裕があるから5万円」と毎年の年度始めに変更することも可能にしたいと考えています。
「お金は無いけれど時間はある。肉はある。魚はある。技術がある。」などなど、お金以外での月謝の支払いも歓迎しています。一緒に良い環境を創っていきましょう。
(生徒数が10名の場合、標準学費でスタッフの給与が月約15万円と福利厚生を付けられます)※2017年度から2万円~5万円の選択制になります。


Q11.
家が鳥取なのですが、送迎はありますか?

A 
2016年12月から鳥取ー新田間の送迎が可能となりました。希望される場合は詳細をお問合せください。