3月春めいてきました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
LINEで送る

気付けば早3月ですね。

新田の雪もほとんど溶けて春の陽射しの中過ごす日が増えています。

ふきのとうがそろそろ顔をのぞかせそうです。

この前の土曜日もそんな日でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日1日体験に来てくれたすぎぼっくりスタッフのちゃっしーと外で一緒に恒例の氷オニをして遊んだり、くんちゃんから貰ってきた丸太を切ったり割ったりして来シーズンの冬用の薪つくりなんかもしましたよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この日は子どもも多く20人近くの子どもと、4人の大人で時間を過ごしました。

週に1回の土曜日だけれど、どのような時間と空間にしたら楽しいかなって話し合いながら場を作っていっています。

土曜日クラスは毎回2時45分から帰りの会をしていて、そこで全員が揃って話をするという風に決まっています。(それ以外にも何かみんなで話さなきゃいけない大事な話のときは1時から時間を作って話をするという風になっています。)

この日は、帰りの会で毎日クラスに参加しているKくんから「土曜日クラスも毎日クラスのように帰りの会を自由参加にしたい。」という提案がありました。

週に1回の土曜日クラスで今は1日に1回はみんなで丸くなってお話する場を設定していて、私としてはなんとなくみんなで丸くなって顔を見ながら話するこの場が好きでしたが、司会さんが土曜日クラスの子どもたち全員に意見を聞いたところ「自由参加が良い!」とのことでした。

(大事な話があるときの1時からの会は全員参加でやったら良いという風にはなりました。)

何が良いかなんてその人その人によって異なるだろうし、時期的なものもあるだろうから、その都度話し合ってみんなで決定していくというこのシステムは良いものなんじゃないかなぁと思っています。

しばらくやってみて不都合があればまた変えたら良いだろうし。

土曜日クラスにくる子どもたちはとにかく、この1週間に1度だけ訪れるこの時間を最大限有効に使いたいのだでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

予算も来年度から独自の予算が組まれて、どのようにこれらのお金をメンバーで運用していくかこれから楽しみにしているところではありますが、今のところ、そういう「お金」とか「運営」とかそういうことよりも、今ここにあるこの環境にて目一杯友達との時間を満喫して過ごしたいということなのかもしれないです。

どのようになって行くか、週に1回のこの場がどのように育ち変化、成長していくかますます楽しみです。

来週は来年度のスタッフ体制について1時からみんなで話す予定になっています。

こちらの記事もどうぞ